FC2ブログ

アブノーマルなLOVEライフ

ちょっぴりアブノーマルな私の過去と現在
アブノーマルなLOVEライフ TOP  >  2016年11月

選ぶこと 選ばれること。「夏乃の告白」

今日は~ご主人様との

≪はじめまして≫
summer night dream

からちょうど半年の記念日です‼

夏乃53

『成長したな。
何にもできなかったのに(笑)』

と、。嬉しいお言葉も頂けました(*^^*)

まだまだぜんぜんなのですけれど、
それでも出来なかった事が段々と
ほんの少しづつでも出来るようになり
ご主人様が喜んで下さいます事は、とても嬉しく
幸せいっぱいです。

もっともっとご主人様好みになりたいと
ご主人様のいっぱいの愛情に包んで頂きながら、日々奮闘中です‼

いつ頃からでしょうか、、
たぶんずっと前からだったと思います。
SMと言うものに漠然とした憧れがありました。
ご主人様?とか。お仕置きって言葉とか。 ただ、それだけでしたが。

71

それなりに年齢時期ごとに
幾人かの方と、お付き合いもしてきました。
もちろんノーマルで(笑)
ですが、正直、挿入行為は苦手で、、、
いつも、( 早く終わって~~(^_^;)笑 )
なんて思いながら、我慢していました。

なので、もちろん、イクという感覚もわかりませんでしたし
お付き合いが長くなり、レスになってきた時の方が楽でした。
ずっと、自分は変なのかな?と違和感を感じていたように思います。

今年、節目のお誕生日が近づくにつれて、女性として、なんだかこのまま
終わりたくないないなって強く思うようになりました。
そして、お誕生日の2か月前に、SMってどんな感じなのかな?って、
ネットで調べている時に、一大決心をして初めて
サイトに登録してみました。

その時は、ちょこっとこの世界観を
覗いてみたかっただけだったのです。

登録した瞬間、ものすごい数の方から
メッセージが入り、びっくりして戸惑って、
怖くなり、まる1日はボーゼンとしていました。

もちろん、どなたにも、お返事ひとつ
できませんでした、、、

翌日。サイトを退会しようと思ってた時
ご主人様が、夏乃を見つけて下さいました。
そして、不思議なのですが、私も初めて
反応してしまいました。

かといって、自分から動けるわけはなく、、、
そうしましたら、翌日ご主人様が、丁寧なメッセージを下さいました。

そこには、ご主人様自身のお気持ちが
とても素直に記されており、ご主人様のblogも教えて下さいました。
そして、、

【もしも私のプロフやblog、文章を読んで
ほんの少しでも違和感を感じるなら お返事はけっこうです。
もし、ご縁があるなら嬉しいです。】と。

この時、私の心が動いてしまいました。
直感的に、もしかして此の方なの?と。
他のすべての方々には、1㍉も心は
動きませんでした。。

すぐに、お返事を致しました。
blogを見せて頂きますと。。

緊縛。。あまり興味をもったこともなく
まともに画像などを見たことがありませんでしたが
初めて見たblogの縛られている方々がとても美しくて
あ~私も縛って頂きたいと思いました。

43

縛られるってどんな感じなんだろう、、
そんな想いを胸に、ご主人様との交流は
始まりました。

ご主人様には
素直に初めからまる裸でいられました(笑)

ご主人様も過去には
色んな形の主従関係を結ばれてこられたのだろうと思います。
豊富な経験と、ご年齢を重ねられ
今のご主人様が、今の夏乃を選んで下さいました。
何にも知らないわたしを。

【うちはうちの愛奴隷】
【夏乃の意思は大切】

ご主人様のお言葉です。
今のご主人様のやり方で、ご主人様好みに
これからも育てて下さるとのことですので、
夏乃は精一杯ついて参りたいと思います‼

夏乃を選んで下さりありがとうございます。
こんなに充実した日々を頂いている事を
とても幸せだと感謝しております。

夏乃

86
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

選ぶこと 選ばれること。

夏乃に出会うまでの私。

自分の性癖に気が付き
それから40年以上の歳月が流れました。
幼い頃に見た緊縛グラビアの衝撃。
サドって?マゾとは?と想像しながら
自分が縛られたり縛ったりする妄想をしていた少年時代。

大人になって人並みに恋をしながら
本当の性癖を出す勇気も無かった私。
それが当時の彼女のカミングアウトから実践へ。

それから40年近く・・
ずっとSMパートナーを探していた気がします。
しかしハードな行為に夢中になった時代とか
いっぱしの緊縛マニアを気取ってた時代もありました。
何人を縛ったかとかを気にしてたバカな奴でした。

そんな時代を振り返ってみて気が付いたことがあります。
SMに限らずですが
出会いは実は自分が選んだのではなく
実は選んでもらうことから始まると言うこと。

ネットにⅯ女がプロフを載せると大勢のSもどき男が群がります。
こっちも数打てば当たるだろうと
私も大昔は沢山あちこちへメッセージを送っていました。
私はコピペしないようにちゃんと相手ごとに書いてましたけど
まあ面白いコピペが沢山来るらしいですよ。(笑)

S男性を求めるⅯ女プロフも少ない上に
その中でも本物のオーラのある方はもっと少ないので
こちらから選ぶ余裕なんて全くありません。

そんな競争の中ですから極端に言えば反応してくれるなら
Ⅿ女性なら縛らせてくれるなら誰でも良いとも言えます。

つまりは「主従関係」のスタートはなんと
最初に従者の方が
主候補を並べて選ぶことだと言えるのです。

主従らしく奴隷を並べて
どれにするかと主が選ぶのでは無いのです。
これって
なんだか面白いと思いませんか?

出会いを経験してきて分かることがあります。
選ぶ余裕もなく
直感と欲望で出会った関係ですから
性格が合わなくてもSM興味だけで暫くは続いてしまいます。

当然暫く付き合ってみると
実は相性とはかけ離れた相手だと知り
心も身体もすれ違って目が覚めて
結局別れることになるのですけど
縛りたい縛られたいの勢いのある時はまだ欲望に隠れて本質が見えない。

最初から丁寧に相性を確認しておけばそんな事も無いのでしょうけど
やりたいS男と欲求不満のⅯ女が運命かのように出会ってしまうと
とりあえずやっちゃうのはしかたが無いのかもしれませんね。(笑)

夏乃は物凄く沢山の中から私を選んでくれました。
それも私しか見えなかったと言うのです。
書いた物の内容とか文面口調、メッセージの雰囲気とか
選ぶ基準はいくつもあると思いますが
夏乃は初めての経験なのにすぐに私を選んでくれました。

相性の良さは最初から感じたことで
色々あった私でも
今までと全く違う感覚が今も続いています。

ずっと憧れてきた
本物の「SMパートナー」それが夏乃です。

45年目の大当たり~やっと出会えた。
どれだけ貴重で唯一無二の存在か
その歳月から感じています。

自分を選んで貰ったことに
心から感謝です。

夏乃41

Summer Night Dream 8 完  全裸首輪で初めまして。 「夏乃の告白」

夏乃を鑑賞されてるだろうご主人様の
動き出された気配を感じました。

そしてそっと、とても優しく
ご主人様の両手の平が夏乃の肩に触れました。
それから肩を撫でられ、デコルテ、胸
胸からお腹に優しく優しく撫でていかれました。

そして太腿から膝下まで優しく優しく撫でていかれます。
夏乃の身体を点検されているようです。
ぞくっときました、。
じゅわっとなりました。

この方が、ご主人様。。。
ご主人様の手の平はとってもあったかくて
こんなことをされているのに安心感があって
大好きな手だと思ってしまいました。。
と、同時に、夏乃は姿勢を保つのに必死です。

今度は、M字のまま、脚を床に降ろされました、。
頭の後ろの両手も外され、
夏乃の両手は、ご主人様の両手にされるがまま。。
力を抜いて従いました。
頭がぼーっとしてきました。

いつの間にか、、夏乃の指は、、スッポリとツルリンと、
あそこに入ってしまっていました、
きゃ~ほんとに。恥ずかし過ぎます。
夏乃は、まだ、ご主人様のお顔もみていないのです。

ご主人様に誘導されながら、
ようやく、身体を起こされました、
そして、正座をし、お辞儀をする形に。

その姿勢のまま、カチャカチャと音がします。
ご主人様が首輪、そして、リードをつけて下さっているのだと思い
またドキドキしてきました。
でもなんだか、不思議な何とも言えない気持ちになりました。
たぶん、嬉しかったのでしょう。

アイマスクが外され、顔を上げられました。。
ご主人様との≪はじめまして≫でした。
夏乃は恥ずかしくて、目を開くことができずにいると
『さあ、夏乃、目を開けてごらん』と。
ご主人様の声です。初めて聞いたご主人様の声でした。。
とても、安心感のある優しいお声。

『はい。』ゆっくりゆっくり、目を開いていきました、、
が、、窓から差し込む光が眩しくて
ご主人様を見上げている夏乃は、ご主人様のお顔がハッキリとは見えません。

そんな中、はじめましてのご対面。
ご主人様は、夏乃の両頬を優しく包んでくださり
『来てくれてありがとう』と言って下さいました。
『私でいいのか?』と、お聞きになられました。

頬を包まれたまま恥ずかしくて目を伏せたまま
小さな声で、『はい。』とお答えしました。
ですが、ご主人様は、何もおっしゃって下さいません。
夏乃は、今度はしっかりと顔を上げて
ご主人様と目を合わせました。
ここで初めて、ご主人様のお顔をハッキリと見ることができたのです。

優しい暖かい眼差しで、夏乃を見つめて下さっていました。
『はい!ご主人様。よろしくお願いします』と。もう一度、お答えしました。
ご主人様は、笑みを浮かべながら
『うん。』と。
そうして、しばらく、たまらなく幸せな気持ちで、見つめあっていた気がします

この方が今から、夏乃のご主人様です

夏乃にとっても、ほんとに不思議な
夢のような時間でした。

真夏の夜の夢。
ご主人様の熱帯夜の妄想から、

ご主人様と夏乃の
summer night dreamのはじまりです‼


夏乃34

Summer Night Dream 8 完  全裸首輪で初めまして

夏乃の決死の服従のポーズを静かに鑑賞しながら
ある事を思い出しました。
「体験奈々」を読んでドキドキしたと夏乃がメールで伝えてきていた事。
ではその流れの通りにやらせてみない手はありません。

http://olivers.blog77.fc2.com/category13-2.html

まずはⅯ字の脚を開いたまま床におろし
頭の後ろにある両手を全開の下半身へ持って行きます。
そしてその指を持ってお〇んこを開くように細かく誘導
夏乃は途中から何をするのか理解したように素直に従いました。
服従のポーズで丸見えだった部分が強制的に開かれて
綺麗なピンク色した穴の奥まで丸見えのまま。

夏乃58


これも暫く鑑賞した後
その指を中に入れるようにまた誘導しました。
垂れるほど湿り気をおびたその部分に
綺麗なネイルの指があっけないほど簡単に吸い込まれるように。

夏乃59

さて・・・
夏乃がこの部屋に入ってどれくらい経ったのでしょう。
時計を見るともう1時間は過ぎています。
極限の羞恥の嵐の中で緊張を強いられてきた夏乃。
さすがにそろそろ限界だと判断。

ゆっくりと誘導しながら正座姿勢にさせ
頭を軽く押さえてお辞儀をする形に。

夏乃60


用意してきた首輪とリードを丁寧に嵌め
そしてついに
目隠しに手を掛けてそっと後ろから外してやりました。

またゆっくりと上半身を起こしてやると夏乃は目を閉じています。
「さあ夏乃目を開けてごらん」
夏乃は眩しそうにそして恥ずかしそうに
ゆっくりと目を開けてこちらを見ました。

「はじめまして、〇〇です。今日は来てくれてありがとう。」

「こちらこそ初めまして夏乃です。」

もう答えは互いのその表情に全て出ていました。
嬉し恥ずかしの幸せな顔とは
きっとこんな顔なんでしょう。

私もつい笑顔になり暫くじっと見つめ合っていました。

「ほんまによく来たな。」

「あまりにもとんでもない事なので、もの凄く迷ったのですが
不思議な直感があってこれは行かないと絶対
後悔すると思ったので思い切って来ました。
でもちっとも不安はありませんでした。
最初に手を持って誘導して下さった時にふわっと
感じたのが心地よい安心感だったのでこの人なら大丈夫と」

実は私も
顔すら見てない人にこんな事されに来る人だから
もっとヤバい事もあるかと少し不安はありました。
でも夏乃と同じで
最初に手を掴んだ瞬間に何とも言えない不思議な感覚があり。
この人と長く付き合うことになると直感していました。

初めましてのご挨拶が
椅子に座る私の目の前の床に
正座して全裸首輪にリードの姿。

変態カップルらしい
「初めまして」になりました。

さあ夏乃、最初の命令だよ。
私の足を夏乃の舌と口で清めてごらん。
やり方は指導してあげるからまずは思い通りにやってみなさい。

夏乃は私の靴と靴下を丁寧に脱がせて
ぎこちない動きで親指から舐めはじめました。

少しづつ指導も・・
「四つん這いのまま頭を足に近づけて手は極力使わないように
指と指の隙間を奥まで舌で綺麗にしなさい。
指を一本づつ丁寧に舐め、足の裏、かかと、指の裏側と続けて
指示が無い場合は元に戻って最初からやりなさい。
よろしいと指示が出たら反対側へ移ること
もう一度よろしいと指示するまで止めてはいけません。」

夏乃61


懸命に足舐めをする夏乃を見ながら
かつてない未来を妄想している私
この日・・
「真夏の熱帯夜」の妄想が現実に。。


Summer Night Dream 7 仰向け服従のポーズ。 「夏乃の告白」

夏乃は長い時間、ご主人様の視線に
しっかりと拘束されていました。
実際に縛られているわけではないのに。
だけど、なんだろう、、この気持ち。

ご主人様が動き出され、夏乃の両肩を
下に押さえこまれました。
自然と正座の形に。
やっと、やっと、ご主人様にご挨拶だ!
両手は膝の上に揃えました、。
ですが、なぜか、そのまま後ろに倒されてしまいました。
ご挨拶は、まだのようです、。

夏乃54


なんども、事前の指示メールを読んできました。
とうとう、あのポーズ、、、なんだと。
両腕を頭の後ろで組みました。
そこでまた、ご主人様の離れて行かれる気配が、。
ここからは、何の指示もありません。
次にやらなければならないことは
わかっています。

初めてなのに、、ご主人様はきっかけの手助けすらしてくださらず、、
いつまでも待っておられます。
なんだか、こんなかっこのまま
泣きそうになりました、、

次は?脚を持ち上げなきゃ、。
ゆっくり、ゆっくりと上げていきました

夏乃55


次は?脚をこのまま、限界まで開かなければなりません、。
わかってはいるのに、なかなか。
開きはじめるまでに、かなり時間がかかってしまいました、。

どれくらい?このくらいかな?もっと?
でも、もう、絶対あそこはまる見えだもの。これくらいかな、、
良くわからなくて、かなり頑張ってひらいたつもりでしたが、
実際には、どれくらい開いていたのかなんて、自分ではわかりませんでした。

夏乃56


ですが、ぜんぜん開けてなかったようです、、
すかさず、ご主人様の手が触れて
片脚づつ勢いよく、グビッと思いきり
強く曲げられてしまいました。

思いっきり開脚です。
ほんとにまる見えなのでしょう。
極限まで曲げて開いたこの体勢、、
なかなか苦しく、恥ずかしさと苦しさが
同時に、。
すごく、ドキドキしています。
身体があついです。

夏乃57


後に、あれが
≪仰向け服従のポーズ≫
しっかりと身体で覚えておきなさいと、ご主人様からのお言葉でした。

そして、こんなかっこになってしまった夏乃は
まだ、ご主人様にご挨拶していないのです。




主より
(今回の画像は正真正銘その時の物です。
会った事の無い男の前で必死にポーズをする夏乃を見てやって下さい。
すいません、これまでの物は当時を再現して撮影した物でした。
毛の有無で分かるかも~今後は並行して載せますね。)

プロフィール

Olivers

Author:Olivers
昭和30年代生まれのアラカン。
関西在住、職人技術者。
童顔で多趣味で変態なところが特徴。
特技は縄遊び。

自称
「優しい天邪鬼」

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4678位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
189位
アクセスランキングを見る>>